私はベテラン風俗嬢

私が風俗業界に入って20年。バブルで落ち込む日本がようやく落ち着き始めた頃でした。

当時ソープに勤めていた私は、バブルで大量の借金を抱えてきた人、離婚で一人ぼっちになってしまった人、童貞で夢も希望もないと泣きながら懇願してきた人など様々な悩みを抱えた人たちにソープという風俗で癒しを提供してあげて明日への活力を振る舞ってきました。だからこそ風俗=性欲のはけ口みたいな現代の考えが私は許せないのです。

幸いにも私は最初に入ったソープ店で20年間働き続けており、老舗の会員制ソープ嬢として単純な性欲を満たすために訪れたお客さんが来ることはないけれど、インターネットの掲示板ではソープの専売特許である挿入はデリヘルやホテヘルでも利用できるといった書き込みを見てとても悲しくなります。そして性欲の満たすためのツールとしてしか風俗を捉えない男の考え方は風俗嬢として働いている女の子たちにも伝染しており、私が20年前に抱えた悩んで苦しんでいる男の人たちをソープという風俗で癒してあげようという考え方を持つ人は一人もおらず、男が勝手に私の身体を使って性欲を満たすのを私はただ機械のようにこなしてお金を稼ぐだけだと風俗サイボーグ、いや性欲を満たすための道具として存在している女の子が非常に増えています。

風俗とは性欲を満たす場所なのかもしれません。しかし風俗にやってくるお客さんは全員心に闇を抱えており、それを少しでも和らげてあげることこそが私たち風俗嬢の役割なんだと私は心の底から思うのです。ただただ男の性欲を満たすことなんて道具であるオナホールにだってできます。私たちは道具ではありません。人です。動いていて感情もちゃんとあります。性欲発散の道具ではありません。性欲を満たしつつ男の人たちをもっと満足させることは私たち風俗嬢が人間であるからこそ出来るものなのです。

たまにフェ〇チオに自信のある女の子が風俗店へと入店しますが、フェ〇チオで男をイカせられなかったときパニックに陥るそうです。でもパニックに陥る必要はないのです。私たちにあるのは口だけではありません。口がダメなら手を使えばいい、手がダメなら胸を使う、胸でもダメならお尻といいた風にもし得意技が通用しなかったとしても、目の前に風俗を利用してきたお客さんがいるのなら全身を使って言葉を使って最高のサービスを提供することこそが私たちの仕事なのです。

もしこれから風俗の世界に飛び込むのならお金だけでなく、男の人を満足させたいという気持ちを持って入店してくださいね。

教育係としての役割

日本に限らず世界でも人が集団に入ったとしたら必ず教育係という人が割り当てるはずです。

それは風俗の世界でも同じで私はソープ歴20年の風俗業界ベテランだから新人風俗嬢の教育係になっています。講習は別のプロが教えるから私が担当するのは言葉遣いや所作、悩み相談といったところです。

せっかく教育係になったのだから先ほどのような風俗の心構えみたいなものを叩き込もうとするのだけどみな聞き流してしまい私の教えが広まっているとは言い難いです。とは言っても何人かの女の子はキチンと受け入れてソープサービスに生かしてくれるので私も教育のし甲斐があるってものです。

さて先ほども言ったように新人風俗嬢の悩みを聞くことが多い私には様々な悩みをみんな相談してきます。今日はその中から数例紹介したいと思います。

・生挿入を要求されたのですがどうすればよかったですか?

この質問は新人の女の子なら誰もが抱える悩みでしょう。この悩みに答える前にソープの仕組みについて理解する必要があります。

ソープとは表向きはお風呂を提供している場所であり、お風呂場で挿入していることはお店側が関わらないというスタンスです。だからこそ入浴料とサービス料は別々に掲示してあり、総額を知ることが難しいのです。

つまりお風呂場で起こったことは基本的にお客さんと女の子の間で起こったことでありお店側は守ってくれない立場にあります。しかし、あくまでも建前でありソープであっても女の子を守ってくれます。

なので生挿入をされて不快に思ったならお店のスタッフに通報すればいいし、不快に思わないなら受け入れるのもアリだと思います。

もしもお客さんの機嫌を損ねたくないと考えるなら事前にピルを飲んでNNされても大丈夫なように対策をしましょう。

・指名を獲得するにはどうしたら良いでしょうか

風俗嬢としての武器を持つことが一番大事です。巨乳でも顔でもお尻でも他の風俗嬢に比べて自分が優れていると思う部分を写メ日記やプロフィールでアピールしてください。もしも容姿に関して他の女の子より優れている自信がないのならテクニック勝負です。

いくら容姿の良い子を指名してもイクことが出来なければ客は満足せずに離れていってしまいます。しかし、テクニックが優れているのなら指名客は逃げていくことなく人気ソープ嬢として活躍できるでしょう。

またテクニックがあったとしてもまずは指名がなければテクニックを披露することさえできません。しかし、どんな容姿であってもどんなテクニックであっても平等に指名され続ける期間というものが存在します。それは新人嬢として風俗店で働き始めたときです。

多くの風俗店では新人であるがゆえにサービスの不手際を大目に見てもらえるよう料金を安く抑える傾向にあります。そのため新人価格で楽しもうとするお客さんが新人を指名するという仕掛けです。また風俗未経験の新人なら性病のリスクが少ないまま挿入を楽しむことができるので、料金割引のない風俗店であっても自然と新人嬢は指名される傾向にあります。

なので、少しテクニック的には厳しいかもしれませんが新人時代に何かしらのインパクトを与えれば指名客を掴むことは出来るでしょう。テクニックがなくても一生懸命イカせようと頑張っている女の子の姿をみると男は自分の為に奉仕してくれる健気ないい子だと思い指名してくれる可能性がグッと高まります。

ソープのような風俗店であっても接客業という認識を持っていれば失敗はないので、愛嬌たっぷりの接客で男を癒してみてください。

・マットが上手くできません

ソープ嬢なら誰もがマットに関する悩みを抱えるでしょう。マットはソープならではの特殊サービスなのでソープ経験者でなければデリヘルやホテヘル経験者も風俗未経験者も違いはありません。

マットは講習でも必ず習うとは思いますが、講習だけでは完璧にマスターすることは難しくお客様で練習しようと考えることは指名客を失ってしまう事態にもなりかねません。そこでマットを勉強する一つの対策としてソープ物のAVを購入・レンタルすることをオススメします。

男はAVをみてソープのマットプレイはこうあるべきと思っている傾向が強いので、AVは必ず良い教材となりうるでしょう。マットプレイで男が何を求めているのかを理解して実際のソープ業で役立ててください。またソープ物のAVには特典映像として、AV女優がプロのソープ嬢に講習を受けているシーンが収録されていることがあります。それは風俗嬢が教わるような講習とは少し違う点もあるかもしれませんが、実際に現場で活躍するプロの教えなら参考にして自分の技として習得しましょう。

指名客を掴みたいのなら性欲を発散させるためのテクニックだけではなくマットを極めてみるのもアリですよ。

今度は日本橋の風俗で仕事してみようかな。

だって、日本橋にはたくさん風俗あるから。

風俗は日本橋で探せ!